Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<もう1人の“野球少年”>マイク・トラウト「世界一の選手を見逃すな」 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2018/04/20 15:00

<もう1人の“野球少年”>マイク・トラウト「世界一の選手を見逃すな」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki
大谷にとって目指すべき世界最高の選手が、同じチームに在籍していることは幸運だろう。 26歳にしてトッププレーヤーになった男もまた大谷に負けないくらい野球が好きな青年である。

 エンゼルスはシーズン開幕戦でアスレチックスに4点リードを追いつかれ、延長の末にサヨナラ負けを喫した。その悪い流れを変えたのがマイク・トラウトだった。走攻守の三拍子を兼ね備えた、球界最高のオールラウンドプレーヤーだ。

 第2戦の1回表、外角低めをとらえると、ボールは左翼スタンドに矢のように突き刺さった。今シーズン初ヒットがホームラン。前日の嫌なムードを振り払う一発で、エンゼルスに初勝利をもたらした。

 大谷翔平という、およそ1世紀の時空を超えて登場した二刀流選手が注目を集めることは、同時にチームメイトであるトラウトの凄さ、存在の大きさを野球ファンに再認識させることにも繋がるだろう。

 開幕3連戦では打席だけでなく、意表を突く三盗や、柔軟性のある反対方向への安打、迫力のあるベースランニングなど、随所にオールラウンドの本領を発揮。「世界最高」を確信させるに十分な活躍をした。

 シーズン前、多くの現地スポーツメディアでは現役最高の選手を選ぶ特集を組んだが、いずれもトラウトがトップだった。

 実際、19歳でメジャーデビューして26歳の現在に至るまで、すでにリーグMVPに2度選出され、3シーズンのMVP投票で2位に入っている。これまで、新人王、盗塁王、打点王など数々のタイトルに輝いてきた。その結果として、'20年まで続く6年契約の総額は1億4450万ドルにのぼり、次の契約は史上最高額になるとみられている。正真正銘のスーパースターだ。

 しかし、素顔のトラウトにその華やかさはない。いつも汗まみれの野球少年だ。

 メジャーデビューを果たしたのは'11年7月8日。翌日、初安打は投前へのバントヒットだった。試合前のクラブハウスでは長い時間、当時チームメイトだったトリー・ハンターがトラウトの肩を抱くようにして話をしていた。どんな話をしていたのかトラウトに聞きにいった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

マイク・トラウト
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後のコラム

ページトップ