Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ダブル主将対談>
堀江翔太×立川理道「2019年までの二人三脚」 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2016/12/05 08:00

<ダブル主将対談>堀江翔太×立川理道「2019年までの二人三脚」<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

左から堀江翔太、立川理道。

エディー・ジャパンとサンウルブズを支えた2人のリーダーが新生ジャパンを牽引する。発足間もないチームの現状や今後の課題、そして、2019年に懸ける思いを存分に語り合った。

――2019年のW杯に向けて、ジャパンがようやくスタートしました。ヘッドコーチにジェイミー・ジョセフが就任して、アルゼンチン戦は結果として大差の敗戦となりましたが、ジョージアに勝ち、ウェールズにも善戦した。W杯の時と比べてどんな変化が起きましたか。

立川 ラグビースタイルは、明らかに違います。いちばん分かりやすいのがキックの比率。去年までは6対1だったのが、今は2対1くらいに増えたのかな。最初はギャップを感じましたけど、練習、試合を重ねるにつれて違和感がなくなってきた。

堀江 みんな、役割を理解してきたね。ウェールズ戦でもセットピースがだいぶ良くなってきたし、トライの取り方、それに自分たちの強みが分かってきた。

立川 カーディフでのウェールズ戦、なんだかW杯の時に近い雰囲気を感じて、幸せだなあと思いましたよ。

堀江 お客さんが入ると、力になる。日本でもそんな環境が作れるといいよね。


――W杯が終わってスーパーラグビー(SR)への参戦もあったこの1年間は、怒濤の時間が流れたんじゃないですか。

堀江 楽しいようで、大変な1年でしたね。W杯から帰ってきてからはメンタルを上げるのも厳しかったし、サンウルブズもゼロを1にする作業はしんどかったです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4200文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジェイミー・ジャパン誇り高き出航。
堀江翔太
立川理道
エディー・ジャパン
サンウルブズ
ジョセフ・ジャパン

ラグビーの前後の記事

ページトップ