Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<UAE戦の強敵>
オマル・アブドゥルラフマン「もちろん、日本にまた勝つ自信はある」 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2016/11/28 09:00

<UAE戦の強敵>オマル・アブドゥルラフマン「もちろん、日本にまた勝つ自信はある」<Number Web> photograph by Asami Enomoto
アジア最終予選、すべての躓きは初戦を落としたことに始まった。UAEの攻撃を指揮し、日本の出鼻を挫いた立役者がこの男だった。天才MFは日本をどう見ていたのか、現地で直撃した――。

「日本の雑誌か? よろしく言ってくれ」

“ジャパンキラー”は、とても上機嫌だった。所属するアル・アインの練習場で問いかけると、もじゃもじゃ頭の25歳は少年のような笑顔を浮かべた。

「重要な初戦を日本と戦った。私は日本代表チームを強くリスペクトしている。日本はピッチでフェアプレーなので、我々も敬意を表して戦った。試合の流れの中で、ある瞬間だけ我々が少し上回っていた。そのときに2つのゴールを挙げることができ、勝利した。アッラーに感謝している」


 9月、日本はUAEに1-2の逆転負けを喫した。10番を背負うオマル・アブドゥルラフマンが、UAEの攻撃の核であることは間違いない。日本も、それはわかっていた。この試合に向けたメンバー発表会見で、ハリルホジッチ監督はこう語っている。

「(オマルは)正確さとスピードが本当に素晴らしい選手です。彼をフリーにするとどうなるでしょうか。6月のキリンカップでのボスニア戦のように、相手をフリーにしたり、相手から10m離れてしまったらどうなるでしょうか。彼が好きなところにボールを送ってくるわけですから、いろんなことを準備しておかなければいけません。

 昨年のアジアカップを見ると、UAEの攻撃はオマルと7番のアリ・アハメド・マブフート、この2人のプレーで完結しています。つまり、10番と7番をブロックして予測していかなければならないわけです。例えばオマルをフリーにしてしまうと、30~50mの正確なパスを出してきます。そして、彼がボールを持つ瞬間には、2、3人が背後に走る準備をします」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1652文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、新たなる希望。~W杯アジア最終予選前半戦総括~
オマル・アブドゥルラフマン
ロシアW杯

海外サッカーの前後の記事

ページトップ