Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<名将対談>
原晋×渡辺康幸「箱根から世界へ」 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2016/05/13 06:00

<名将対談>原晋×渡辺康幸「箱根から世界へ」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

(左から)渡辺康幸監督、原晋監督。

大学駅伝で活躍した学生ランナーたちが、東京五輪のマラソンでメダルを取るには? ともに箱根を制した監督が改革案を語り合う。

――今年の東京マラソンでは、マラソン初出場の青学大の下田裕太や一色恭志、東洋大の服部勇馬が日本人2~4位に入り、学生ランナーたちの活躍の場が、大学駅伝以外に広がってきているのを感じます。

 僕は学生ランナーたちが箱根駅伝に留まるのではなく、もっと自分の持つ潜在能力を発揮して欲しいと思っています。下田も大学に入ってからすごく伸びて、歴代3位の記録で箱根の8区を走るだけでなく、東京マラソンでも日本人2位(2時間11分34秒)という結果が出せた。また、インタビューなどのメディア露出でも自由に発言させ、内面に潜む力を伸ばそうと思っています。今までの日本陸上界は、いわゆる修行僧的な発想で、喋るな、出るな、と。

渡辺 髪伸ばすな(笑)。

 今までの指導者は締め付けが厳しすぎたんですよね。あと、僕が思うに最近の若者は絶対的な手足の長さも変わっている。だから練習法も変えていかないといけない。我々はもう農耕民族じゃないですよ。今の選手は手足が長いので、スピードは上がっていますが、一方で絶対的な体力がなくなっているのも事実。昔ながらの練習をさせると、パフォーマンスが発揮される前に故障しちゃいます。だからスピードとスタミナを組み合わせた“ハイブリッド走法”でいかないといけないと僕自身は思っています。

渡辺 僕も今回の東京マラソンを見ていて思ったのは、スピードとスタミナの両方の必要性です。今は前半の20kmをラビット(ペースメーカー)が58分で通過する。そのペースに日本人が付いていけないんです。だから、スタミナの上にスピードをのせて行くことが課題だと思います。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

原晋
渡辺康幸
青山学院大学
早稲田大学

陸上の前後のコラム

ページトップ