スポーツ仕事人BACK NUMBER

藤生恭子(ウグイス嬢)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2015/06/17 09:00

藤生恭子(ウグイス嬢)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

藤生恭子さん。

 スタジアムに響きわたる澄んだ声は、試合の円滑な進行に欠かせない。美声の主が歩んだ茨の道とは?

 球場に鳴くウグイスの音色は涼しげだ。照りつける陽射しの下で耳にするウグイス嬢の声は、野球観戦の清涼剤である。

 藤生恭子さんはプロのウグイス嬢として活躍するかたわら、日本唯一となるウグイス嬢を養成するアナウンススクールを運営している。「こどものころから野球が大好きで、野球関係の仕事に就くのが夢でした」という藤生さんにとって、いまの仕事は天職だろう。

「でも、最初からウグイス嬢を目指していたわけではないんですよ。大学卒業後に働いたのは日刊スポーツの記録部という部署。記者が取材現場から送ってくる野球やサッカー、競馬などのデータを紙面掲載用にまとめる仕事でした。仕事は楽しかったけど、わたしも現場に出てみたいなと思っていたときに、ネットでラジオパーソナリティ募集の記事を見つけた。これは面白そうだと応募したんです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1307文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

黒田博樹とカープの伝説。

Sports Graphic Number 878

黒田博樹とカープの伝説。

 

プロ野球の前後の記事

ページトップ