スポーツ仕事人BACK NUMBER

小林徹也(グラウンドキーパー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2014/09/14 08:00

小林徹也(グラウンドキーパー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

小林徹也さん。

 穴の空いたピッチを修繕し、快適なプレー環境を保つ。サッカー界の足場を守る「芝の番人」の苦労とは。

 ここは川崎市麻生区にある川崎フロンターレの練習場。ギラつく太陽に照りつけられたピッチに立つと、モワッとした湿気に包まれる。濃緑の芝は目に鮮やかだが、前夜に含んだ雨水が蒸発しているために不快指数は極めて高い。頭上はオーブン、足下は蒸し風呂というキツい環境で、湘南造園勤務の小林徹也さんはメイドインUSAの巨大な芝刈り機を操っていた。精が出ますなあ……。

 湘南造園は湘南ベルマーレがJリーグに加盟した'94年から平塚競技場のグラウンド整備を担ってきた。サッカーの分野ではほかにもベルマーレとフロンターレの練習場を管理していて、小林さんは入社直後から一貫して芝の栽培を手がけるエキスパートだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

Jリーグの前後のコラム

ページトップ