スポーツ仕事人BACK NUMBER

山下剛礼(レース用ボートメーカー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2014/08/10 08:00

山下剛礼(レース用ボートメーカー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

山下剛礼さん。

 うなりをあげて疾駆するモーターボートはどこで作られているのか。競艇界の“隠れた大企業”に突入!

 F1をはじめとするモーターレースは、ドライバーの腕前もさることながら開発競争の側面も強い。レギュレーションの範囲内でいかにしてライバルよりも速いマシンを作るのか。エンジニアたちの創意工夫と技術革新がモーターレースを支えている。

 だが、同じレースでも公営競技のボートレース用の船は船体、モーター(船外機)ともに主催者側が準備し、選手に貸し出すシステムのため、「全艇同性能」が大前提。ボートの性能差によって勝敗が左右されてはならないのだ。製造にあたっては高度な技術力と徹底した品質管理が求められるが、じつは群馬県太田市のヤマト発動機という会社がボートレース用ボートの製造を一手に手がけている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1366文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ブラジルW杯2014 The Final

Sports Graphic Number 857

ブラジルW杯2014 The Final

 

他競技の前後の記事

ページトップ