SCORE CARDBACK NUMBER

驚きの玉突き移籍を終え、中団「Bリーグ」が熱い。~実はF1では固め勝ちでの逆転がよく起こる~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/08/31 07:00

驚きの玉突き移籍を終え、中団「Bリーグ」が熱い。~実はF1では固め勝ちでの逆転がよく起こる~<Number Web> photograph by Getty Images

大混戦の中団勢。ルノー(黄)が4位につけるが、コースによって力関係が簡単に変わる今季は展開が予測困難。

 夏の休戦期間に大きな動きがあった。3日にレッドブルのリカルドが来季ルノー電撃移籍、14日にアロンソが「'19年F1不参加宣言」、16日にサインツが来季マクラーレン加入、20日にガスリーが来季レッドブル昇格。この時期にこれほど動くことは稀だ。

 今後さらに他チーム/ドライバーにも飛び火し、それぞれ'19年の体制を見直す事態になりそうだ。8月20日現在、来季レギュラー2人が決定しているのはメルセデス、ルノー、レッドブルの3チームだけである。

 そしてベルギーGPから後半戦が始まった。直近4年では、第12戦までのリーダーがシーズンを制したのは'15年のハミルトンのみ。2番手の逆転制覇率は75%だが、要因はシンプルで、後半の「固め勝ち」だ。前半終了時点で首位ハミルトンに24点差の2位ベッテルも、フェラーリの高いマシン/PU戦力に自信を秘めている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

フェラーリ

F1の前後のコラム

ページトップ