SCORE CARDBACK NUMBER

狙え、井岡・比嘉の後継王者。無敗の新星はスモールマウス?~日本のお家芸、フライ級に現れた中谷潤人~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2018/07/23 15:00

 日本人世界チャンピオン第1号の白井義男以来、50.8kgがリミットのフライ級は日本ボクシング界の十八番である。昨年の今頃は、世界の主要4団体のうち3人のチャンピオンを日本人が占めていた。しかし、井岡一翔が引退し、比嘉大吾が計量失敗で自爆。今は木村翔がWBO王者として孤軍奮闘中とは、一体誰が予想できたろう。

 そんな中で彼らの後継者になりそうなルーキーの台頭を目の当たりにするのはなんとも楽しい。中谷潤人。三重県出身の20歳だ。顔にまだ幼さも残る長身サウスポーは、7月7日「ダイナミックグローブ」で初のメインカードに登場すると、フィリピンのデクスター・アリメンタを3回KOで一蹴した。立ち上がりからジャブ、左ストレートをビシビシ打ち込んでおき、決め手はボディーショット。その計算された倒しっぷりには老かいさすら窺え、とても新人とは思えない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 530文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

World Cup Russia 2018The Final

Sports Graphic Number 957

World Cup Russia 2018
The Final

 

中谷潤人
井岡一翔
比嘉大吾

ボクシングの前後の記事

ページトップ