NumberEYESBACK NUMBER

112秒TKO3階級制覇の衝撃。井上が常にハングリーな理由。~ボクシングの本質は「強い相手と戦いたい」~ 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2018/06/08 15:00

112秒TKO3階級制覇の衝撃。井上が常にハングリーな理由。~ボクシングの本質は「強い相手と戦いたい」~<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

日本最速16戦目での3階級制覇。WBSS参戦も表明し、次は“世界最強”を狙う。

 井上尚弥はハングリーだ。世界2階級制覇を達成し、世界的にも“モンスター”として知名度を上げつつある今なお、4回戦ボーイのように眼をぎらつかせている。

 おなかをすかせたモンスターが5月25日、東京・大田区総合体育館の舞台に立った。3階級制覇をかけたWBA世界バンタム級タイトルマッチ。井上が挑戦者として試合に挑むのは3年5カ月ぶりのことだった。

 英国から来日の王者、ジェイミー・マクドネルはWBA王座を5度防衛し、10年間負けなしの実力者である。身長175.5cm、当日の体重はなんと前日計量から12kg増量の65.3kgで、井上の165.2cm、59.5kgを大きく上回っていた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

井上尚弥
ジェイミー・マクドネル

ボクシングの前後のコラム

ページトップ