SCORE CARDBACK NUMBER

勝率3割、連対率5割超え。藤原英昭厩舎の快進撃は続く。~馬術出身者で固めた異色厩舎~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byPhotostud

posted2018/04/01 06:30

勝率3割、連対率5割超え。藤原英昭厩舎の快進撃は続く。~馬術出身者で固めた異色厩舎~<Number Web> photograph by Photostud

藤原調教師(左)は3月17日のファルコンSを制し今年重賞2勝目。GIはエイシンフラッシュなどで通算8勝。

 藤原英昭調教師は、同志社大学馬術部のスター選手からこの世界に飛び込んできた人だ。'01年に35歳で開業して以来、馬術に心得のある若者をスタッフに招き入れることに腐心し、そこに厩舎の土台を固める大構想を描き実践してきた。

 レースに管理馬を送り出したときに、乗り手にとって操りやすい馬を普段の調教によって作り上げるというのがその信条だ。昔は騎手から調教師に転身するのが王道であり絶対的な多数派だったが、藤原の出現と成功に引っ張られるように、馬術系のトレーナーも目立ってきた。

 どちらが優れているかは一概に決めつけられない。例えば美浦の堀宣行調教師も騎手からの転身ではないが、スタッフには元騎手をズラリと揃えることで成功を収めている。いわゆる「競馬系」と「馬術系」が切磋琢磨することが、日本の調教技術の進歩に繋がっていることだけは間違いのない事実だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 545文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

\#横浜優勝/ベイスターズが愛されるワケ。
藤原英昭
調教師
厩舎

競馬の前後の記事

ページトップ