SCORE CARDBACK NUMBER

それぞれの仮想敵に挑む思惑。注目はトロロッソ・ホンダ。~上位はメルセデスを、中位はフォース・インディアをターゲット~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/08 09:00

それぞれの仮想敵に挑む思惑。注目はトロロッソ・ホンダ。~上位はメルセデスを、中位はフォース・インディアをターゲット~<Number Web> photograph by Getty Images

2月19日、レッドブルがニューマシンをシェイクダウン。雨中でRB14を駆ったリカルドは、好感触を口にした。

 平昌五輪が閉幕した翌日、2月26日からバルセロナ合同テストがスタートし、今月25日開幕に向けてF1界が動き出した。

 上位集団の仮想敵はメルセデス。フェラーリとレッドブルは、'18年のマシン・コンセプトを“発展進化型”というより、チャレンジングな“変化型”とした。昨年中盤までベッテルがリードしたフェラーリは終盤、パワーユニット関連トラブルが続発した。担当チーフは更迭され、新任者は信頼性確立に取り組むとともにエンジンの燃焼系を一新。メルセデスの最強PUに最新PUで挑む対決姿勢だ。

 2月19日にいち早くシルバーストーンで試走を実施したレッドブル。例年はニューマシンを“後出し”してきた方針の転換が興味深い。RB14の変化箇所はメルセデスに似たフロント・サスペンションと、フェラーリに似た車体サイド・ポッド。これは高速コーナリング性能向上と、ルノー(TAGホイヤー)PU冷却対策とみられる。昨年の弱点をつぶすことをまず優先し、開幕までに得意分野の空力パーツを熟成、本番で投入する作戦か。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

トロロッソ・ホンダ

F1の前後のコラム

ページトップ