SCORE CARDBACK NUMBER

遅咲きの28歳が見せた快走。東京五輪へ園田はまだ成長する。~男子マラソンを若手の独壇場にはしない!~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/02/24 10:00

遅咲きの28歳が見せた快走。東京五輪へ園田はまだ成長する。~男子マラソンを若手の独壇場にはしない!~<Number Web> photograph by KYODO

30km過ぎに先頭集団から抜け出すも35km手前でモクゴブが追いつき、以降は一進一退のデッドヒートを演じた。

 男子マラソン界に遅咲きの新星が現れた。2月4日に行なわれた別府大分毎日マラソンで、28歳の園田隼(黒崎播磨)が2時間9分34秒の好タイムで日本勢最高の2位になり、'20年東京五輪の代表を決める「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得した。

「勝つという目標にはもう一歩届かなかったが、ベストを出せたことはうれしい」

 2時間10分40秒の自己ベストを1分以上更新する快走で、マラソン13度目にして初のサブテン(2時間10分以内)を達成した丸刈りのランナーは、謙虚な言葉で喜びを表した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

園田隼
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ