SCORE CARDBACK NUMBER

東京五輪で中軸を。上林誠知の悔しい1年。~日本シリーズで与えられたたった1度の打席~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2017/11/29 17:00

東京五輪で中軸を。上林誠知の悔しい1年。~日本シリーズで与えられたたった1度の打席~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今季は一軍登録を外されることなく過ごしたが、CSファイナルで電撃復帰した柳田悠岐に代わって抹消された。

 与えられた打席は、たったの1度。しかもその打席で、上林誠知は屈辱的な三振を喫した――日本シリーズ第4戦。好投を続けていたベイスターズの濱口遥大を打ちあぐんでいたホークスは、2点を追う6回表、上林を代打に送った。上林にとっては、これが今シリーズ初めての打席。濱口の高めのスライダー、低めにワンバウンドしたフォークにタイミングを合わせられず、いずれも空振り。3球目のフォークはかろうじてファウルで凌いだものの、4球目、ズバッと投げ込まれたアウトコースのストレートにバットを出すことができない。見逃し三振に倒れたシリーズ唯一の打席を、上林は「ちょっと打席の中でふわふわしてしまいました」と悔やんでいた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

侍ジャパン
福岡ソフトバンクホークス
上林誠知
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後のコラム

ページトップ