SCORE CARDBACK NUMBER

ハリルホジッチと「くまモン」。母国の戦火と被災地への想い。~サッカー指導者が、被災地で何をできるか~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/10/02 07:00

ハリルホジッチと「くまモン」。母国の戦火と被災地への想い。~サッカー指導者が、被災地で何をできるか~<Number Web> photograph by KYODO

昨年5月に熊本県甲佐町を訪れたサッカー日本代表のハリルホジッチ監督は、子供たちとにこやかに触れ合った。

 日本代表が6大会連続となるワールドカップ出場を決めた夜、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の襟元には、「くまモン」のピンバッジが嬉しそうに揺れていた。

 昨年4月、甚大な被害をもたらした熊本地震が起こった。1カ月後の「こどもの日」に彼は益城町をはじめ被災地を訪れ、ワイシャツ姿で子供たちと一緒にボールを蹴った。現地でプレゼントされた、愛嬌たっぷりの「くまモン」バッジは希望の象徴だった。1年後の再訪を約束した指揮官は、今春も熊本に足を運んでいる。

 初めて被災地を訪問したときの話を、彼から聞いたことがある。家屋が倒壊した町並みを見て言葉を失ったという。いつにない沈痛な面持ちをこちらに向けた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 537文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

カープの時代。

Sports Graphic Number 936

カープの時代。

 

ヴァイッド・ハリルホジッチ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ