SCORE CARDBACK NUMBER

敏腕GMが仕掛けた大胆トレード。スーパーチームを追いかけるために。~NBAのパワーバランスはロケッツが変える~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/07/24 08:00

敏腕GMが仕掛けた大胆トレード。スーパーチームを追いかけるために。~NBAのパワーバランスはロケッツが変える~<Number Web> photograph by Getty Images

強豪の地位を取り戻したロケッツ。ヘッドコーチ招聘、選手の補強などダリル・モレー(写真左)の功績は大きい。

 ダリル・モレーGM(ヒューストン・ロケッツ)がまたやってくれた。マサチューセッツ工科大のスローン経営大学院で経営学修士を取得し、NBA版マネーボールと描写されることが多いモレーは、従来のバスケ畑のGMたちがやらないような独創的で大胆な補強が得意だ。今回は、6月末のクリス・ポール獲得トレードだった。

 将来の殿堂入り確実なポイントガード、ポールの獲得は、戦力としては申し分ない。驚いたのは、'16-'17シーズンのロケッツは、ジェームズ・ハーデンをシューティング・ガードからポイントガードにコンバートさせたことで躍進したのに、同じポジションの名選手を、わざわざトレードで獲得したことだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ダリル・モレー
ヒューストン・ロケッツ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ