SCORE CARDBACK NUMBER

すべては五輪メダルのため。過去曲で勝負する選手たち。~羽生が3季目の『バラード第1番』を選んだのは?~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/07/09 17:00

すべては五輪メダルのため。過去曲で勝負する選手たち。~羽生が3季目の『バラード第1番』を選んだのは?~<Number Web> photograph by KYODO

「ファンタジー・オン・アイス 2017」で今季のSP『バラード第1番』を披露し、観客に挨拶する羽生結弦。

 曲選び。それは五輪シーズンにおいて、ジャンプの種類と同じくらい重要な、メダルへの戦略である。各選手は、その勝負の一手を早くも発表し始めた。

 羽生結弦はショートでショパンの『バラード第1番』を、異例ともいえる通算3季目の使用に踏み切った。宇野昌磨はフリーで2季前の『トゥーランドット』を再演、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)は5季前のフリー『チャップリンメドレー』をショートで使用するという。

 過去の曲を選ぶ戦略はどんなものか。メリットは、滑り慣れているぶん、演技もジャンプも確実にレベルアップできること。デメリットは新鮮味に欠け、飽きられる恐れだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

羽生結弦
宇野昌磨
ブライアン・オーサー
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ