SCORE CARDBACK NUMBER

今季は100mだけじゃない。飯塚翔太の見せるこだわり。~末續慎吾の200m記録を超えて、20秒切りを目指す~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/05/18 07:00

今季は100mだけじゃない。飯塚翔太の見せるこだわり。~末續慎吾の200m記録を超えて、20秒切りを目指す~<Number Web> photograph by KYODO

静岡出身の飯塚は0.01秒差の2位に終わり、「地元の大会で優勝して、いいところを見せたかった」と悔しがった。

 日本人初の100m9秒台誕生へ視線が集まる陸上短距離界において、“200mを忘れてもらっては困る”とばかりに猛アピールをしているのが、リオデジャネイロ五輪4×100mリレー銀メダリストの1人、飯塚翔太(ミズノ)だ。

 銀メダル仲間の桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥、山縣亮太が100mに全精力を注ぎ込む中、200m20秒11のタイムを持つ飯塚が目指しているのは、末續慎吾が'03年に出した20秒03の日本記録更新と、日本人初の19秒台突入。五輪翌年の今季は、スタートを含めたフォーム改造を試みながら前半のスピードアップを図り、持ち味である後半の強さにつなげようという新たな取り組みを始めている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 586文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ダービージョッキー最強伝説。

Sports Graphic Number 927

ダービージョッキー最強伝説。

 

飯塚翔太
五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ