SCORE CARDBACK NUMBER

またもや若きエースの悲報。ベンチュラは「光」だった。~メジャーで続くスターの死~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2017/02/22 09:00

またもや若きエースの悲報。ベンチュラは「光」だった。~メジャーで続くスターの死~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

メジャー通算では94試合に登板し、38勝31敗、防御率3.89。'14年には青木宣親と同僚だった。

 ロイヤルズの快速右腕、ヨルダノ・ベンチュラが、現地時間の22日、母国・ドミニカ共和国で自動車事故のため、急死した。25歳の若さだった。事故当時の詳細は明かされていないものの、当日は濃霧のため、視界が悪く、ベンチュラはシートベルトを着用していなかったという。昨年9月、ボート事故で他界したホセ・フェルナンデス(マーリンズ)に続く若きエースの悲報に、地元カンザスシティーだけでなく、メジャー全体が沈痛な空気に包まれた。

 2013年にメジャーデビューしたベンチュラは、時速100マイル(約161km)の速球を武器に、早い時期からメジャーを代表する本格派として期待されていた。'14年からは先発ローテーション入りし、いきなり14勝をマーク。翌'15年には開幕投手を任され、30年ぶりとなる世界一に大きく貢献した。昨シーズンはプレーオフ進出を逃したものの、11勝と3年連続2桁勝利を挙げ、昨年のクリスマス前には、デイトン・ムーアGMに「来年は18勝して、10試合で完投する」と決意を伝えていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 472文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Champions League 2017◄1992ビッグイヤーに愛されし男たち。
カンザスシティ・ロイヤルズ
ヨルダノ・ベンチュラ
ホセ・フェルナンデス

プロ野球の前後の記事

ページトップ