SCORE CARDBACK NUMBER

ダンカンの「21」は永遠に。スパーズに
新時代到来か。~コーチに、チームメイトに
家族同然に愛された男~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/01/04 17:00

ダンカンの「21」は永遠に。スパーズに新時代到来か。~コーチに、チームメイトに家族同然に愛された男~<Number Web> photograph by Getty Images

式典では「自分がもたらしたもの以上に、僕が皆からもらったもののほうが大きい」と発言。

 サンアントニオ・スパーズのヘッドコーチ、グレッグ・ポポビッチは、遠征先で外食すると、いつも帰り際にティム・ダンカンの好物、キャロットケーキをテイクアウトしていたという。ホテルに戻ると、昼寝をしているかもしれないダンカンを気遣って、部屋の前にケーキを置き、ノックだけして立ち去る。

 12月18日、ダンカンの永久欠番セレモニーのスピーチで、ポポビッチはそんなエピソードを明かした。

「ヤツはそれを当然と思うようになって、おかげで私は20年近く、キャロットケーキを届けなくてはいけなかったんだ」

 皮肉っぽい口調は、ポポビッチ流の照れ隠しだ。文句を言いながらも、毎回、嬉々としてケーキを持ち帰った様子が目に浮かぶ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 578文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平昌へ。FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

Sports Graphic Number 2017/1/14特別増刊

平昌へ。
FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

 

サンアントニオ・スパーズ
グレッグ・ポポビッチ
ティム・ダンカン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ