SCORE CARDBACK NUMBER

リスクを恐れず大技に挑んだ、ジュニア女子2人の闘争心。~14歳紀平と16歳横井のトリプルアクセル対決~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byKanami Yoshimura/PHOTO KISHIMOTO

posted2016/12/04 17:00

リスクを恐れず大技に挑んだ、ジュニア女子2人の闘争心。~14歳紀平と16歳横井のトリプルアクセル対決~<Number Web> photograph by Kanami Yoshimura/PHOTO KISHIMOTO

今大会は若さが裏目に出た紀平だが、12月のジュニアGPファイナルでの巻き返しを期す。

 男子顔負け、という言葉が一番の賞賛になるだろう。ジュニアの日本一を決定する全日本ジュニア選手権(11月18~20日、札幌)で、世界最高の対決が行われた。女子によるトリプルアクセル対決である。

 大技に挑んだのは、14歳の紀平梨花と16歳の横井ゆは菜だ。紀平は今年9月のジュニアGP大会で女子史上7人目の成功者となったばかり。飛ぶ鳥を落とす勢いの若手だ。一方で、横井は昨季の全日本ジュニア3位と、ジュニアの実力者。世界8人目を虎視眈々と狙っている。

 トリプルアクセル対決への期待が高まる会場のファン。しかしこの全日本ジュニアは、全日本選手権(12月、大阪)と世界ジュニア選手権('17年3月、台湾)の選考会を兼ねている。誰しもが『順位』を重要視し、リスクある大技は回避する大会だった。実際に男子はジャンプを手堅くまとめる試合展開で、トリプルアクセルに挑戦したのが4名のみ、4回転の挑戦者は優勝した友野一希ひとり。まして女子選手であれば、トリプルアクセルは回避かと思われた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 428文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジェイミー・ジャパン誇り高き出航。
紀平梨花
横井ゆは菜
伊藤みどり

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ