SCORE CARDBACK NUMBER

脱ネットの流れ。格闘技のテレビ中継は地上波に回帰!?~帰ってきてビールを開けたらやっている時間に~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2016/09/24 17:00

脱ネットの流れ。格闘技のテレビ中継は地上波に回帰!?~帰ってきてビールを開けたらやっている時間に~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

会見後には梅野源治のミット打ちや、森井洋介と高橋一眞との公式戦なども行なわれた。

 9月14日、新日本プロレスを再生したことで知られるトレカゲームのブシロードが会見を行ない、キックボクシングの新たなプロモーション「KNOCK OUT」(ノックアウト)を立ち上げ、12月5日に東京のTDCホールで旗揚げ第1戦を行なうことを発表した。

 その後2カ月に1回の割合で2000~4000人規模の会場で興行を打っていく方針で、ツートップにはプロデビュー以来15戦全勝の“スーパー高校生”那須川天心と打倒ムエタイの急先鋒・梅野源治を置く。特筆すべきは来年1月からTOKYO MXで週1回のレギュラー放送を開始することだろう。単に試合を放送するだけではなく、ドキュメンタリーも盛り込んで選手の認知度を高めていく。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

那須川天心
梅野源治
酒井正和
木谷高明

格闘技の前後のコラム

ページトップ