SCORE CARDBACK NUMBER

今宮健太に目指してほしい、日本人離れ
のスローイング。~ちゃんと捕って
ちゃんと投げる「日本人の癖」を越えろ~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/09/16 08:00

今宮健太に目指してほしい、日本人離れのスローイング。~ちゃんと捕ってちゃんと投げる「日本人の癖」を越えろ~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

3年連続ゴールデングラブ賞の守備に加えて史上最年少で200犠打を達成したバント技術も。

 三遊間へ打球が飛ぶ。それも逆シングルでなければ届かないような深いところではなく、正面に回り込めるところだ。ここからならノーバンで矢のような送球が……と思いきや、今宮健太は一塁へワンバウンドのボールを投げた。

 首位攻防となった8月20日のファイターズとの一戦。ホークスが1点をリードして迎えた8回裏、ツーアウト二塁のピンチで、矢野謙次が三遊間へゴロを打った。ショートが今宮とくれば、期待するのは彼の“ウルトラ強肩”である。その瞬間、彼のこんな言葉が蘇ってきた。

「三遊間の深いところへ飛んで来ると、よっしゃ、ここが見せ場だと、ワクワクします。僕はどんな深いところからでもノーバンで一塁へ投げたいんで……」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

今宮健太
川崎宗則
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ