SCORE CARDBACK NUMBER

フルスロットルで暴れまくる! ボランチ原口元気の可能性。~ハリルが考える「少し低い位置」はどこなのか~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2016/04/20 08:00

フルスロットルで暴れまくる! ボランチ原口元気の可能性。~ハリルが考える「少し低い位置」はどこなのか~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

負傷した山口蛍に代わり、後半13分から登場。終盤には自身のW杯予選初ゴールも決めた。

 ボランチにしてボランチにあらず。

 ロシアW杯アジア2次予選、ホームのシリア戦で特に目を引いたのが不慣れなポジションで途中出場した原口元気だった。

 遠慮無用の自己主張。

 守備では激しいタックルを浴びせ、攻撃となればバランス度外視でゴールに向かっていく。シリアのカウンターにさらされる要因となりながらも、アディショナルタイムには全速力で駆け上がり、長友佑都のクロスをヘディングで合わせてゴールを奪った。

 原口投入後にチームは4得点。リスクは伴えど、フルスロットルで暴れる“異分子”は頼もしくも映った。


 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後の会見で「ボランチ原口」の可能性をこう示している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 561文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊900号特別編集>羽生世代、最強の証明。
原口元気

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ