SCORE CARDBACK NUMBER

激化するリオ五輪戦線。“東京五輪”世代の活躍。~池江璃花子と今井月~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2016/03/16 08:00

激化するリオ五輪戦線。“東京五輪”世代の活躍。~池江璃花子と今井月~<Number Web> photograph by Takao Fujita

「泳ぎの感覚は良かったので驚きはしなかった」と語る池江。日本選手権でも活躍必至だ。

 リオデジャネイロ五輪イヤーに突入し、'00年生まれの東京五輪世代が加速度的に成長している。

 競泳のコナミオープンが2月20、21日に東京辰巳国際水泳場で行なわれ、池江璃花子(ルネサンス亀戸)と今井月(るな=本巣SS)の中3コンビが、若さあふれる泳ぎで表彰台の真ん中に立った。

 女子50m自由形で24秒74の日本新記録を樹立したのは池江だ。レースは昨年10月に24秒95の日本新をマークした内田美希(東洋大)との争い。中盤で抜け出すと最後までスピードを落とさずにフィニッシュし、大きな拍手を浴びた。

「スタートもうまくいったし、最後まで泳ぎ切れたので、自分でも期待しながら電光掲示板を見た。頑張って積み重ねてきたことが記録につながったと思う」

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

池江璃花子
今井月

他競技の前後のコラム

ページトップ