SCORE CARDBACK NUMBER

右ヒジの不安と戦い続ける「投球術1位」の吉見一起。~OB1位の桑田真澄と話したこと~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

posted2016/03/07 06:00

 老舗の野球専門誌『週刊ベースボール』が去年、“至高の投球術”をテーマに現役選手と首脳陣120人にアンケートを取った。その結果、OB1位に選ばれたのが桑田真澄、現役1位に選ばれたのがドラゴンズの吉見一起だった。

 しかしこのキャンプ、吉見の姿を一軍で見ることはなかった。実戦登板を封印し、じっくり調整したいと自ら志願して臨んだ二軍キャンプ。それでも吉見に焦りは感じられない。彼はこう言った。

「今のところは投げてもハリが出ないし、いい感じで来てると思います。ただ、去年は試合で投げるとハリが出てしまったので、次の段階はそこですね……」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

桑田真澄
吉見一起

プロ野球の前後のコラム

ページトップ