SCORE CARDBACK NUMBER

躍進期待の新体操代表、メダルを狙う新演技とは。~難易度とセクシーさの2つのプログラム~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/12/31 16:30

躍進期待の新体操代表、メダルを狙う新演技とは。~難易度とセクシーさの2つのプログラム~<Number Web> photograph by KYODO

リオ五輪候補の9人から、今後の合宿や大会の結果を考慮し、5人が選ばれることになる。

 新体操の団体日本代表“フェアリージャパン”が、リオデジャネイロ五輪でのメダル獲得に向け、早くも本番用の新演技づくりを終えた。

 新演技のトレーニングは長期合宿を張るロシアで行なわれている。ロシア人のインナ・ビストロバコーチがつくった演技の全貌はまだ明らかにされていないが、12月上旬に一時帰国していたフェアリージャパンのメンバーによると、「フープ・クラブ」「リボン」とも、'15年9月の世界選手権の構成と比べて難易度が大幅にアップ。音楽は、リボンがショパンのピアノ協奏曲、フープ・クラブはボーカル入りのセクシーな曲がチョイスされている。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

杉本早裕吏
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ