SCORE CARDBACK NUMBER

羽生の衝突事故が変えた、フィギュア界の“医療規定”。~医療スタッフに全権限を集中~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/10/03 09:00

羽生の衝突事故が変えた、フィギュア界の“医療規定”。~医療スタッフに全権限を集中~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

羽生は中国杯フリー演技前に中国の閻涵と激突。演技も精彩を欠き出場の是非が問われた。

 昨年11月の中国杯で、羽生結弦が中国選手と衝突した事故は記憶に新しい。頭部やあごの擦過傷に応急処置を受けた後、試合に出場。その後「脳震盪の疑いがあったのでは?」と、出場を許可した判断の是非が問われ、スポーツ報道を超えた世論にまで発展した。

 事態を重く見た国際スケート連盟は、'15-'16シーズンを前に「氷上の救急医療に関する規定」を発表した。要約すると、

(1)医療スタッフが、試合中は4人、公式練習中は2人、リンクサイドの両脇に待機する。

(2)医療スタッフが緊急と判断した場合、氷上に立ち入ることをレフェリーに無線で告げ、必要と判断すれば選手を医務室に運ぶ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 606文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<サッカー欧州組総力特集>俺が変われば日本は変わる。
羽生結弦

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ