SCORE CARDBACK NUMBER

ライバルに追いつくために。中村奨吾が克服すべき弱点。~山田哲人と同い年、アウトローが課題~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

posted2015/09/28 06:00

 原辰徳が34年前の1981年、パ・リーグに限れば46年前の1969年、有藤通世まで遡らなければならない。ドラフト1位で入団した大卒の野手となれば、即戦力の期待を懸けられてもおかしくないのだが、しかし実際に新人王を獲得した大卒ドラ1の野手は、原以来、33年間、一人も出ていない。

 ならば、と意気込んでいたのがマリーンズの中村奨吾だ。天理で3度の甲子園を経験し、早大では主将を務めた中村について、伊東勤監督も「10年はレギュラーの心配はいらないと聞いている」と話していたほど。1番バッターに抜擢された7月14日、その試合で今江敏晃がデッドボールを受けて骨折すると、中村は“1番サード”に定着。以降、今江が復帰するまでに3本のホームランを放つなど、それなりの存在感は示した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 588文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<サッカー欧州組総力特集>俺が変われば日本は変わる。
原辰徳
中村奨吾

プロ野球の前後の記事

ページトップ