Number on NumberBACK NUMBER

広島の多彩な攻撃力。~打率、本塁打、盗塁の3部門で2年連続のリーグトップが決定的~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2017/09/07 08:00

広島の多彩な攻撃力。~打率、本塁打、盗塁の3部門で2年連続のリーグトップが決定的~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

8月23日、鈴木誠也が右足のくるぶしを剥離骨折し離脱。昨年MVPの新井貴浩、松山竜平らが4番に入り存在感を見せている。

 プロ野球のセ・リーグは広島が2連覇へと着実に近づいている。25年ぶりの優勝を果たした昨年もそうだったが、いまの広島には、個人成績でひと際目立つ選手がいるわけではない。今年は鈴木誠也が打点部門でトップに立ってはいるが、8月17日時点(以下同じ)で110試合、88打点だから、ほぼ例年のタイトル獲得者と同等のペースである。投手の主要部門でもトップを独走しているような選手はいない。それでもチームは首位を独走しているわけだから、チーム全体としては、攻撃も守備も、よく成果を上げている、ということだ。


 チームの打撃成績を見ると、ひとつ興味深いことがある。チーム打率、チーム本塁打、チーム盗塁という3部門で、いずれも広島がセ・リーグのトップに立っているのである。これはつまりアベレージ、長打力、機動力という3つの側面で、広島がすべてトップに立っているということで、長打による大量得点から、走力を駆使して1点を取る戦術まで、幅の広い攻撃力を持っているということだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1607文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 運命の一戦。

Sports Graphic Number 934・935

日本代表 運命の一戦。

 

広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ