新刊ドラフト会議BACK NUMBER

被害者の真っ赤な帽子。カープが事件の
謎を解く!?~『謎解きはディナーのあとで』
の著者が送る野球短編集~ 

text by

うえむらちか

うえむらちかChika Uemura

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2017/09/06 07:00

被害者の真っ赤な帽子。カープが事件の謎を解く!?~『謎解きはディナーのあとで』の著者が送る野球短編集~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『マウンドの神様』あさのあつこ、朝倉宏景ほか 実業之日本社文庫 593円+税

 被害者が被っていた真っ赤な野球帽の真実を知ったとき、私はハンマー……いや、空を切ったバレンティンのバットで頭を殴られたカープの石原慶幸捕手のような衝撃を受けました。

『マウンドの神様』には全8話の野球にまつわるお話が収録されており、中でも東川篤哉先生が書かれた「カープレッドよりも真っ赤な嘘」は私の鯉心を大きくくすぐる内容になっていました。


 阪神時代の新庄剛志さんのユニホームを皮切りに、巨人の元監督・原辰徳さん、西武の中村剛也選手、日ハムの大谷翔平選手のサイン入りユニホームなど、いずれも貴重なユニホームを着ていた観戦帰りの野球ファンが襲われ、そのユニホームを強奪されるという《プロ野球版ボンタン狩り事件》が勃発! 更にはそんな奇妙な事件に便乗して卑劣な殺人事件が起こってしまいます。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 642文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

あさのあつこ
朝倉宏景
うえむらちか

プロ野球の前後のコラム

ページトップ