Number on NumberBACK NUMBER

NBAの個人成績。~シーズン通算トリプルダブルと、歴代2位のシュート成功率~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/05/02 16:30

NBAの個人成績。~シーズン通算トリプルダブルと、歴代2位のシュート成功率~<Number Web> photograph by Getty Images

歴代2位のシュート成功率を記録した一方で、フリースローを大の苦手とするデアンドレ・ジョーダン。

 2016-'17年シーズンのNBAでは、歴史に残る個人記録が2つ誕生した。1つはラッセル・ウェストブルック(サンダー)のシーズン通算トリプルダブル、そしてもう1つはデアンドレ・ジョーダン(クリッパーズ)が記録した歴代2位のシュート成功率である。

 トリプルダブルとは、1試合において、得点、アシスト、リバウンド、スチール、ブロックショットの中から、3部門で2ケタの成績を記録すること。ほとんどの場合、それは得点、アシスト、リバウンドになる。ポジション別ではガードの選手に最もチャンスのある記録だ。得点、アシスト以外にリバウンドでも2ケタを記録するには、豊富な運動量と、身長の高い選手と争ってリバウンドも取れる身体能力が求められる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1686文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2017年の松坂世代。

Sports Graphic Number 926

2017年の松坂世代。

 

ラッセル・ウェストブルック
サンダー
デアンドレ・ジョーダン
クリッパーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ