NumberEYESBACK NUMBER

「ティア1」イタリアに完勝。
ジャパンが来年のW杯へ好発進。
~ラグビーの階級社会をぶち抜くために~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/06/26 07:00

「ティア1」イタリアに完勝。ジャパンが来年のW杯へ好発進。~ラグビーの階級社会をぶち抜くために~<Number Web> photograph by AFLO

前半28分の60m独走トライなど、攻守に切れのいい動きをみせたWTB福岡堅樹。

 日本がイタリアを破った。スコアは34-17。内容もゲームを切らずにパスとキックを交えてボールを動かし続け、状況に応じた判断とコミュニケーションから上質のトライを量産。来年のW杯に向けて、自信を掴める大きな勝利だった。

「え、ランキングは日本が上だよ」

 そんな声も聞こえた。対戦時点の世界ランキングは日本の11位に対してイタリアは14位だったが……。

「いや、イタリアが格上ですよ」

 日本のエース福岡堅樹は断言した。

「対戦する相手が強いところばかりだから負けが多いだけです」

 6カ国対抗では過去5年間でわずか1勝だが、'16年には南アフリカを破っている。過去のW杯でも通算11勝と、日本の4勝を大きく上回る。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ラグビーの前後のコラム

ページトップ