NumberEYESBACK NUMBER

全日本で成長を見せた伊藤美誠。「みうみま」対決は東京へと続く。~石川佳純、平野美宇を一蹴~ 

text by

高樹ミナ

高樹ミナMina Takagi

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2018/02/12 17:00

全日本で成長を見せた伊藤美誠。「みうみま」対決は東京へと続く。~石川佳純、平野美宇を一蹴~<Number Web> photograph by Itaru Chiba

切磋琢磨して強くなった伊藤と平野。東京五輪では中国勢の壁を破れるか。

 卓球日本一を決める全日本選手権が1月21日に幕を閉じた。約6500人の大観衆の見守る前で男子シングルスは14歳の張本智和が史上最年少初優勝、女子シングルスは17歳の伊藤美誠が念願の初優勝を遂げた。いずれも10代の新王者誕生だ。

 全日本通算9勝の水谷隼を決勝で下し、「完敗」と言わしめた張本の底知れぬ強さもさることながら、準決勝で全日本通算4勝の石川佳純、決勝で前年度王者の平野美宇にそれぞれ1ゲームしか与えず完勝した伊藤の勢いは圧巻だった。

 とりわけ17歳同士の「みうみま」対決は、すでに女子ダブルスと混合ダブルスの2冠を手にしていた伊藤が終始自信に満ちあふれ、試合開始から平野を圧倒していた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

伊藤美誠

卓球の前後のコラム

ページトップ