Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<全日本卓球決勝の衝撃>張本智和vs.水谷隼「歴史が動いた瞬間」 

text by

城島充

城島充Mitsuru Jojima

PROFILE

photograph byphotographs by Itaru Chiba

posted2018/02/06 07:00

<全日本卓球決勝の衝撃>張本智和vs.水谷隼「歴史が動いた瞬間」<Number Web> photograph by photographs by Itaru Chiba
日本のエースとして卓球界を牽引してきた水谷と、最年少記録を次々と塗りかえてきた張本。 全日本決勝では新時代の到来を告げるかのように、14歳の張本が28歳の水谷を破り、頂点を極めた。 怪物と天才。2人の物語はこれからも続いていく。

 1936年に第1回大会が開かれて以来、戦時中の中断を挟んで76回に及ぶ全日本卓球選手権の歴史をひもといても、男子シングルスで通算10度目の優勝を狙う「絶対王者」はもちろん、14歳6カ月の中学生にして天皇杯に手をかけた「怪物」も過去に存在しなかった。

 2つの才能が今、このタイミングで東京体育館のセンターコートで対峙したのは、時代が求めた必然だったのかもしれない。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

張本智和
水谷隼
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ