NumberEYESBACK NUMBER

宮原の復活によって変化した、女子フィギュア国内外の勢力図。~ランキング、今季ベストスコアの点で2強に~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/12/06 06:00

宮原の復活によって変化した、女子フィギュア国内外の勢力図。~ランキング、今季ベストスコアの点で2強に~<Number Web> photograph by KYODO

スケートアメリカではフリー『蝶々夫人』を情感豊かに力強く演じ、観客を魅了した。

「ミス・パーフェクト」の復活である。フィギュアスケートGPシリーズ第6戦となるスケートアメリカで、宮原知子は女子シングルのフリーで完ぺきな演技を見せ、総合214.03点で優勝した。左脚股関節の疲労骨折からの復帰となる今季、早くも初戦のNHK杯より20点以上も点を伸ばし、実力を示したのだ。

 この優勝で、宮原はGPシリーズを通じて7位にランクされ、1位のエフゲニア・メドベデワが負傷による欠場を決めたことで、繰り上げでGPファイナル出場を果たした。そしてこの優勝は、五輪シーズンの国内外の2つの「勢力図」を変化させるほどインパクトのあるものだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 628文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

銀盤の決闘。~BATTLE FOR PYEONGCHANG 2018~
宮原知子
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ