NumberEYESBACK NUMBER

シャペコエンセは悲劇を超えて。特別な試合、特別な思い。~飛行機事故から半年、チームは町の希望に~ 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/04/18 16:30

シャペコエンセは悲劇を超えて。特別な試合、特別な思い。~飛行機事故から半年、チームは町の希望に~<Number Web> photograph by Getty Images

シャペは国際大会2つ目のタイトルに王手。第2レグは5月10日に行われる。

 不思議な試合だった。タイトル戦なのに危険なプレー、審判を欺こうとする演技が全くない。ホームチームの観客がアウェイチームの得点に大きな声援を送る。サッカーとは本来、こうあるべきスポーツなのかもしれない――。

 4月4日、ブラジル南西部の小都市シャペコでレコパ・スダメリカーナの第1レグが行なわれた。昨年度のコパ・スダメリカーナ(欧州のELに相当)の覇者シャペコエンセ(以下、シャペ)とコパ・リベルタドーレス(欧州のCLに相当)の王者アトレティコ・ナシオナル(コロンビア・メデジン市)の対戦だが、本来この2チームは昨年11月末、コパ・スダメリカーナの決勝を戦うはずだった。しかしシャペの選手やチーム関係者を乗せた飛行機が墜落。乗客77名の内、主力選手19人を含む71人が犠牲となり、試合は中止。アトレティコ側の強い要望もありシャペが大会王者に認定されたという経緯は世界中のサッカーファンの知るところだ。痛ましい悲劇が育んだ両チームの絆、友情が、この試合を特別なものとしていたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 436文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

スポーツ 嫌われる勇気

Sports Graphic Number 925

スポーツ 嫌われる勇気

 

シャペコエンセ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ