本継!SPORTS BOOKリレーBACK NUMBER

『ユニヴァーサル野球協会』誇大な“妄想”がゲームを動かす、アメリカならではの野球小説。 

text by

堂場瞬一

堂場瞬一Syunichi Douba

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/02/28 15:00

『ユニヴァーサル野球協会』誇大な“妄想”がゲームを動かす、アメリカならではの野球小説。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『ユニヴァーサル野球協会』ロバート・クーヴァー著 越川芳明訳 白水Uブックス 1,600円+税

 個人的には、ゲームにはまったく縁がないのだが、野球関係のコンピューターゲームっていろいろあるんですね。それにデジタルの世界だけではなく、「野球盤」というのも昔からあったわけで、野球はゲームと相性がいいのでしょう。そもそも野球の試合も「ゲーム」だし。

 本書は、正確には「スポーツ小説」ではなく「野球ゲーム小説」である。

 主人公のヘンリーは、会計事務所に勤める冴えない男。その彼が独自に野球ゲームを考案し、舞台として「ユニヴァーサル野球協会」という架空のリーグを設定した。ゲームで使われるのは、三つのサイコロだけ。出目によって、予め決められた状況が選ばれ、試合が進行していくスタイルだ。数字にこだわり、記録や統計を愛するが故に、ヘンリーはこのゲームに異様なまでにのめりこむ。やがて現実とゲームの境目が曖昧になって、彼の世界は崩壊していくのだが……。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 523文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EUROPEAN FOOTBALL MANIACS 2018

Sports Graphic Number 946

EUROPEAN FOOTBALL MANIACS 2018

 

ロバート・クーヴァー
越川芳明

MLBの前後の記事

ページトップ