ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

「言いたくないけれども」五輪問題の内実明かす。~森喜朗の「俺は悪くない」という叫びが詰まった本~ 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2017/07/21 07:00

「言いたくないけれども」五輪問題の内実明かす。~森喜朗の「俺は悪くない」という叫びが詰まった本~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『遺書 東京五輪への覚悟』森喜朗著 幻冬舎 1500円+税

 著者の叫びはひとつ。「俺は悪くない」である。五輪問題で批判された森喜朗氏だが、本書では他人に徹底して厳しい。

 まずJOCの竹田恒和会長。「あえて言いますが、問題は、自分のお友だちばかり、しかも出身の慶應の人たちばかりが周りを囲っておられること」。続いて石原慎太郎氏。「国立競技場があんなことになった原因は、突き詰めると、当時の石原知事と建築家の安藤忠雄さんに行きついてしまいます。あまり石原さんのことを言いたくないけれども、その当時の力関係では、なぜか都知事の発言力が強かった」。「あまり言いたくないけれども」、けっこう言ってる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 729文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

奪三振主義2017

Sports Graphic Number 931

奪三振主義2017

 

プチ鹿島
森喜朗
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ