ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

セビージャで愉快に暮らす「外人」。~日本人がスペインで両国の悪口を言い続ける理由~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2017/03/11 17:00

セビージャで愉快に暮らす「外人」。~日本人がスペインで両国の悪口を言い続ける理由~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『フットボリスタ主義2』木村浩嗣著 ソル・メディア 1500円+税

 スペインと日本の間でジャーナリスト、いや人としての幸福を探っているのが彼なのだ。著者の木村浩嗣は2006年から'15年まで雑誌『フットボリスタ』の編集長を務めた人物。その誌面で書かれた50本のエッセイに書き下ろしを加えて上梓されたのがこの本だ。

 日本とセビージャの間を行き来し、2つの磁場に挟まれながら、サッカーのゲームについて、指導法について、そして両国の文化について小気味よく語ってゆく本書。冒頭、木村は言う。「住んでみたスペイン5勝5敗PK戦でスペインの勝ち」。だから彼は、スペインに暮らし続ける道を選び、少年チームを率い、セビジャーナス(フラメンコ風の踊り)でセニョーラ&セニョリータをリードし、「guiri」(「外国人」という改まった言い方ではなく、くだけた「外人」の意)として愉快に過ごしている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 287文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

三浦知良、50歳 まだやるよ。

Sports Graphic Number 922

三浦知良、50歳 まだやるよ。

 

木村浩嗣

海外サッカーの前後の記事

ページトップ