ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

野球好きの琴線に触れる、白球を愛した詩人の名随筆。~ベースボールに取り付かれた男の一冊、久々の復刊~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2016/05/26 07:00

野球好きの琴線に触れる、白球を愛した詩人の名随筆。~ベースボールに取り付かれた男の一冊、久々の復刊~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『白球礼讃 ベースボールよ永遠に』平出隆著 岩波新書 780円+税

 ベースボールにとりつかれた詩人のエッセイ集。こんなに広く、深く野球を考察し、プレーの歓びと共に語るエッセイは、ちょっと類がない。著者の球歴が凄い。草野球チームの監督兼三塁手としてプレーするだけでなく、チーム運営のフロント役までこなし、ついには野球と詩を「天職」と定め勤めを辞めてしまうのだから。アイオワ大学が作家や詩人を招待するプログラムに参加した時には、ワールドシリーズをダフ屋のお世話で観戦した。さらにクーパースタウンの野球殿堂に足を延ばし、面喰う殿堂副理事に自分のチーム、「ファウルズ」の上にクーパースタウンと付ける「承認証」まで書かせてしまう。時間も行動も惜しまず注ぎ込んだ野球漬けの日々、にんまりとし、感心し、降参してしまう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 546文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ダービー 栄光の瞬間。

Sports Graphic Number 902

日本ダービー 栄光の瞬間。

 

平出隆

MLBの前後の記事

ページトップ