Before The GameBACK NUMBER

本物の名将は、選手を私物化しない。~バスケ・能代工業で全国を33度制した加藤廣志~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/03/25 17:00

本物の名将は、選手を私物化しない。~バスケ・能代工業で全国を33度制した加藤廣志~<Number Web> photograph by KYODO

1983年3月29日、春の選抜大会で優勝した加藤廣志と能代工バスケ部の選手たち。

 まれなる表現者、友川カズキに『明るい耳』という曲がある。8年前にリリースされたアルバム、『青いアイスピック』に収められている。


〈まぶた閉じて友は草木の中に居る/雨の日にはやおら歌い…〉


 そんな詞が進むと、唐突のように、次の一節が飛び出す。語尾に「!」がつく迫力。いっぺん聴いたら忘れられぬ叫び声とともに。


〈先生、加藤先生〉


 このときすでに還暦の歌手の魂に、浪人後入学の高校1年、16歳の春から「先生」は棲み続ける。

 加藤廣志。能代工業高校バスケットボール部を率いて全国制覇が実に33度、「低さ」の鬼であった名将は、いちばん高い場所へとついに招かれた。3月4日に死去。80歳だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 868文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

加藤廣志
能代工業高校

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ