Before The GameBACK NUMBER

監督・中田久美のまなざし。~やはりこの人には、勝負の最前線がよく似合う~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/07/30 17:00

監督・中田久美のまなざし。~やはりこの人には、勝負の最前線がよく似合う~<Number Web> photograph by KYODO

ワールドグランプリ仙台大会ブラジル戦。新エースの期待がかかる古賀紗理那を見つめる中田久美監督。

 ネット越しのカナリア色の配列は間違いなくブラジルである。北京、ロンドンの両五輪で金メダル。少なくない主力を欠いていたとはいえ、それでも女子バレーボール界にそびえる塔だ。

 ワールドグランプリ仙台大会、日本はそんな強国を6年ぶりに破った。3-2。感激の選手の輪の外には、はしゃがず、照れてこわばるのとも違い、静かに手応えを確かめる監督の表情があった。


 中田久美。この人の生き場所はやはり勝負の最前線だ。後出しで書けば、2006年秋、当時所属していた東京・表参道のタレント事務所で話を聞いたら、どこか居心地がよくなさそうだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

中田久美
山田重雄
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ