Before The GameBACK NUMBER

時代は一瞬にして。~スポーツ界の世代交代はいつだって驚くほど急激だ~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/06/27 10:30

時代は一瞬にして。~スポーツ界の世代交代はいつだって驚くほど急激だ~<Number Web> photograph by KYODO

世界卓球選手権第4日。男子シングルス2回戦で水谷隼(奥)を破り、ガッツポーズで喜ぶ張本智和。

「ひょっとしたら……」

 観戦者の疑いが確信に変わっていくのに、時間はかからなかった。

 2月18日に実現した史上最年少プロ棋士・藤井聡太4段(14)と棋界トップに君臨する羽生善治三冠(46)の新旧天才対決は、先手番の藤井4段が111手で勝利を飾った。

「終盤、間違えてはいけないところで藤井さんが正確に指された。完勝譜だったのではないか」

 解説の阿久津主税8段が語るように、序盤からリードした藤井4段がミスなく勝ち切った。昨年10月に14歳2カ月でプロ入りし、加藤一二三9段の持つ史上最年少記録14歳7カ月を62年ぶりに塗り替えた新星にとって、わずか4カ月半で達成した圧巻の勝利だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

張本智和
水谷隼
藤井聡太

卓球の前後のコラム

ページトップ