Before The GameBACK NUMBER

なぜ自分がプレーするのか。~ラグビー一筋だったトップ選手が、1年間自らを見つめなおす時間を作る意義~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/04/13 09:00

なぜ自分がプレーするのか。~ラグビー一筋だったトップ選手が、1年間自らを見つめなおす時間を作る意義~<Number Web> photograph by Getty Images

2015年ラグビーW杯イングランド大会決勝。オールブラックス相手に奮闘するポーコック。

 いつか酒場仲間の大学の先生が「ことしはサバティカルでロンドン。うっししし」と笑ったので初めて、その意味を知った。

 一般には「長期勤務者に付与される一定期間の休み」か。辞書には「研究休暇」とも記される。

 このほどデビッド・ポーコックというオーストラリアの首都キャンベラ在住、27歳の男性にそのサバティカルの取得が認められた。

 職業は? ラグビー選手。FW第3列、背番号なら6、7、8番を等しくこなし、世界最高の実力者のひとりとされる。

 オーストラリア代表ワラビーズの中核をなし、昨年のワールドカップ(W杯)決勝では、かのオールブラックスを向こうに、どう書けばよいのか、人間とは別の生き物のように地面のボールに吸いつき、ひったくり、劣勢のチームにあって驚異の奮闘をやめなかった。ラグビー愛好者同士なら、あの凄まじいファイナルの直後、以下の呪文で喜びわかち合えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 908文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

巨人×阪神 セ界を変えろ!

Sports Graphic Number 899

巨人×阪神 セ界を変えろ!

 

ラグビーの前後の記事

ページトップ