Before The GameBACK NUMBER

FA「宣言残留」は、選手の権利である。~球団への“忠誠心”の踏絵になっている現状はフェアか~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

posted2015/11/24 08:00

 国内29人、海外66人の合わせて95人――2015年に日本野球機構(NPB)から公示されたフリーエージェント(FA)の有資格者数である。この中には巨人の高橋由伸新監督など現役を引退する選手14人も含まれているので、実質的には今年は81選手が移籍の自由を手にしていることになる。

 ところがこの中で権利行使を宣言した選手は海外移籍を視野に入れるソフトバンク・松田宣浩内野手(32)と国内移籍を目指すロッテ・今江敏晃内野手(32)、中日・高橋聡文投手(32)、広島・木村昇吾内野手(35)、西武・脇谷亮太内野手(34)にヤクルトの田中浩康内野手(33)の6人だけ。田中は海外FA権を宣言したが残留が決まっており、実質的にはたった5人しか権利を行使しなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 977文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

浅田真央 スマイルアゲイン

Sports Graphic Number 890

浅田真央 スマイルアゲイン

 

プロ野球の前後の記事

ページトップ