プロ野球PRESSBACK NUMBER

鳥谷敬は目立っているけれど……。
藪恵壹が見た、阪神キャンプ。 

text by

藪恵壹

藪恵壹Keiichi Yabu

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/02/17 11:30

鳥谷敬は目立っているけれど……。藪恵壹が見た、阪神キャンプ。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年は主に三塁、二塁で121試合の出場、打率.232と不本意な成績。今季は矢野新監督が遊撃手起用も視野に入れると明言している。

他球団と比べると物足りない。

 他球団では、中日のキャンプに行ったら、かなり投手陣が充実していました。吉見(一起)、山井(大介)というベテラン以外にも大野(雄大)が今年は良さそうですし、リリーフの層も分厚い。投手出身監督の与田(剛)さんの色が出ているなと感じました。

 また巨人も見てきましたが、戦力補強した分だけ、今までいた選手の目の色が違う。菅野(智之)は別格ですが、田口(麗斗)などは、ここ数年で一番いいのではないかと思えるようなブルペンでの投球でした。チーム全体に余裕すら感じます。

 セ・リーグ他球団の状況と照らし合わせて、阪神の現状を見ていると、最下位からの「激変」を期待していた身からすれば、ちょっと物足りないんです。鳥谷が一番目立っているのはチームとして良いことなのか、悪いことなのか……。新シーズンに期待する材料を探して、前のめりになっているので、余計にそう感じるのかもしれませんが。

 つまり、最下位という十字架を誰も背負っていないのではないか。そう感じるんです。そうなると、結論は最も力のある糸井(嘉男)に4番を託して、勝敗を背負ってもらうしかないのかな、と。

 これからオープン戦が始まれば、徐々に新生タイガースの色や、期待感が出てくるのかもしれませんが、見る側からすると、今は少し焦るような気持ちです。

関連記事

BACK 1 2
阪神タイガース
鳥谷敬
藪恵壹

プロ野球の前後の記事

ページトップ