メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

田澤純一、勝負のアメリカ11年目。
アマ時代に口説かれたGMに導かれ。 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/02/05 11:00

田澤純一、勝負のアメリカ11年目。アマ時代に口説かれたGMに導かれ。<Number Web> photograph by AFLO

昨季マーリンズ、タイガース、エンゼルスと渡り歩いた田澤は、今季からシカゴ・カブスに加入した。

ダルと直接リレーの可能性も。

 初めて在籍するとはいえ、カブスとは縁がないわけではない。セオ・エプスタイン編成本部長とジェド・ホイヤーGMは、田澤がレッドソックス入りした際のGMとGM補佐。いわば、アマ時代の田沢を口説き落とした張本人たちでもある。右肘手術から復活を期すダルビッシュ有とは同学年でもあり、2人の直接リレーが実現する可能性も膨らむ。

 米国メディアによると、メジャーへ昇格すれば年俸80万ドル(約8800万円)、成績次第では最大200万ドル(約2億2000万円)となる契約内容でもあり、首脳陣の期待度は高い。

 現時点では、NPBに「田澤ルール」が存在するため、将来的に日本球界へ移籍する可能性は低い。つまり、来季以降もメジャーでプレーするためにも、今季の成績がカギを握ることになる。

 いい時もあれば、悪い時もある――。

 横浜商大高時代は全国的にはほぼ無名の存在だった田澤は、常に野球と真摯に向き合い、黙々と鍛錬を続け、ここまで世界最高峰のメジャーの舞台に立ち続けてきた。

 今年6月で33歳。まだまだ老け込む年齢ではない。

関連記事

BACK 1 2
田澤純一
シカゴ・カブス

MLBの前後の記事

ページトップ