新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『20年目の松坂世代』
「松坂世代」を言葉で伝える
アナウンサーとしての使命。

posted2019/01/27 07:00

 
『20年目の松坂世代』「松坂世代」を言葉で伝えるアナウンサーとしての使命。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『20年目の松坂世代』上重聡著 竹書房 1850円+税

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 17年前の東京六大学野球、春季リーグ戦。慶應対立教の一戦は0対0の9回、内野ゴロの間にサヨナラを狙った立教のランナーがホームでタッチアウトとなり、引き分けに終わりました。ホームに送球したのは、慶應のファーストを守っていた私でした。

 試合後、際どい判定に「セーフではないか」と声をあげる立教ナインを「みんな、しっかり整列しよう。明日、勝てばいい」と冷静に諭して整列させたのが、立教のキャプテン、上重聡でした。

 勝負ごとに対して達観し、凜としている――これが同い年の上重に対して、私が最初に強く抱いた印象でした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 683文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<テニス開幕特集>ラブゲームで行こう。

関連記事

上重聡
松坂大輔

プロ野球の前後の記事

ページトップ