イチ流に触れてBACK NUMBER

イチローが迎えるメジャー19年目。
初のマイナー契約も泰然と構える。 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/01/26 11:30

イチローが迎えるメジャー19年目。初のマイナー契約も泰然と構える。<Number Web> photograph by Getty Images

マリナーズは3月20日、東京ドームにてアスレチックスと開幕戦を戦う。イチローの雄姿が再び見られるか。

GMが口にしたイチロー評。

 今年はマイナー契約の招待選手と言えど、オープン戦ではレギュラー選手同様に打席数は与えられる。通常の準備期間を与えられるこの事実はイチローにとって大きい。ディポトGMはこんな言葉を残した。

「イチローほどに準備を大切にする選手はいない。11月初旬に球場でトレーニングをしているイチローと会ったが、彼はそのとき既に春キャンプに挑む準備がもうできていた。どんなことが起こるのか楽しみにしたいね」

 周囲にはイチローの選手登録は特別措置でロースター枠が28人に増える日本開幕シリーズだけと言う声もある。その可能性は確かにある。

 だが、当然のことながらイチローはシーズンを通してプレーをするために準備を続けている。もちろん、彼にはその自信もある。

 その反面、この問題は自身でコントロールできるものではない。まさに人事を尽くして天命を待つ。イチローは今年も泰然と構えている。

「僕は野球の研究者でいたい。自分がアスリートとしてこの先どうなっていくのかというのを見てみたい。プレーしていなかったとしても、毎日鍛錬を重ねることでどうなれるのかを見てみたい」

 周囲が不可能と言い続けてきたことを常に可能に変えてきた男、それがイチロー。新たなるチャレンジが楽しみでならない。

関連記事

BACK 1 2
イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ